アスベスト
普及TOPへ戻る
TOPへ戻る
アスベスト関連疾患とは
アスベスト関連疾患患者の動向
アスベスト関連疾患の診断と治療
アスベスト関連疾患の予防と健康管理
アスベスト関連疾患と労災手続き等
アスベスト関連疾患分野研究
最近の話題
研究報告書等一覧

アスベストばく露による医学的所見

胸膜プラーク

 胸膜プラーク(下写真)は限局性、板状の胸膜肥厚であり、その大部分は壁側胸膜に生じますが、まれに葉間胸膜など臓側胸膜にも生じることがあります。初回ばく露から20年を経過するとこの図のように石灰化を来たし、クリーム色に見えるようになります。

胸膜プラーク

アスベスト小体

 アスベスト小体(下写真)とはアスベスト繊維がフェリチンやヘモジデリンなどで被覆されたものをいい、胸膜プラークと同様、過去のアスベストばく露の重要な指標となります。

アスベスト小体

COPYRIGHT
home