独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
勤労者医療フォーラム
ホーム » 勤労者医療フォーラム

勤労者医療フォーラム~就労と糖尿病治療の両立~

 平成25年「国民健康・栄養調査」によると、わが国における20歳以上の約5人に1人は糖尿病が疑われながら、その約1/3は治療を受けていない、あるいは以前治療を受けていたが中断しているとされ、特に就労年齢層の糖尿病治療を継続するためには、患者、医療機関のみならず、就労先の糖尿病に対する理解と協力も必要となります。
 そして、当機構における労災疾病等医学研究の一環として、平成21年度から5年間にわたり取り組んできた「糖尿病における就労と治療の就労の両立・職場復帰支援の研究」※では、就労中の糖尿病患者の約5割は糖尿病であることで仕事上困っていることがある、企業の約5割は社内の糖尿病従業員を把握していない、主治医の約7割は企業から糖尿病患者の就労について問合せを受けたことが無い等、就労と治療の両立を図る上での患者、主治医、企業の連携が不十分であることを示唆する調査結果が得られました。
 このような研究成果に基づいて、平成26年度より、労災病院の糖尿病患者を対象とした治療と就労の両立支援の実践により事例を収集し、収集事例に基づいた医療機関向け支援マニュアルの作成・普及を行う「治療就労両立支援モデル事業」を開始いたしました。
 そして、当機構をはじめとする医療側、産業保健スタッフや人事労務担当者等事業場側の取組状況、国の行政施策等を踏まえて、今後の両立支援のあり方の検討を行うことを目的に、「勤労者医療フォーラム」を開催し、糖尿病治療に携わる医療関係者、産業医等の産業保健スタッフ、職場関係者、糖尿病患者御本人又はその御家族など多くの方々に御参加いただいております。

勤労者医療フォーラム
第4回 就労と糖尿病治療の両立
~働き方改革と糖尿病両立支援~

日時
2018年2月18日(日) 13:00~17:00
場所
ミッドランドホール 名古屋駅前 ミッドランドスクエア5階
多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
フォーラムの概要につきましては、こちらからご覧いただけます。


  • 会場の様子

会場の様子画像1

会場の様子画像2

会場の様子画像3

会場の様子画像4

会場の様子画像5

会場の様子画像6

会場の様子画像7

会場の様子画像8

会場の様子画像9

会場の様子画像10

会場の様子画像11

会場の様子画像12

会場の様子画像13

会場の様子画像14

会場の様子画像15

勤労者医療フォーラム「就労と糖尿病治療の両立」の開催について

勤労者医療フォーラム「就労と糖尿病治療の両立」の開催について
※リーフレット画像をクリックしていただくと、案内の詳細がご覧いただけます。

過去に開催されたフォーラムの内容は下記リンクを御参照ください
平成26年1月19日
勤労者医療フォーラム 第2回 ~Patient-Centered ケアシステムを目指して~
平成23年12月22日
勤労者医療フォーラム 第1回 就労と糖尿病治療の両立