独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
生活習慣病
ホーム » 生活習慣病

研究開発テーマ

「生活習慣病」

 研究代表者 神戸労災病院 副院長 循環器内科部長 井上 信孝

研究概要

勤労者の過労やストレスが、高血圧などの生活習慣病の悪化に影響すると言われています。そこで、働く人の健康を支援するため、以下の4つのサブテーマについて研究を行います。

①地域社会における社会的ストレス及び社会関係資本と生活習慣病との関連に関する研究(神戸労災病院 副院長 循環器内科部長 井上 信孝)
労災病院ネットワークを活用し、生活習慣病と社会的ストレス、精神的ストレスの関連性を明らかにすることにより、地域の実情に沿った医療(Area-based Medicine)の確立を目指す研究です。

②孤独死の要因となる動脈硬化疾患の発症・再発に関する研究(熊本労災病院 循環器内科部長 松村 敏幸)
29年度までに行った研究において、大都市(神戸)と地方都市(八代市)の職業性ストレス関連冠動脈疾患のうち独居の割合が大都市で有意に高いことがわかったことから、対象者を未婚者、単身者にも広げて検討します。

③教員の過労死を予防するモデルの構築に関する調査研究(東北労災病院 生活習慣病研究センター長 宗像 正徳)
教員は労働時間が増加し、過労死リスクが相対的に高まっていることから、脳・心臓疾患の発症を予測するバイオマーカー「尿アルブミン」を指標として、脳・心臓疾患の発症を未然に防ぐモデルの構築を目指します。

④抑うつ傾向と脳・心臓疾患発症リスクとの関係(東北労災病院 生活習慣病研究センター長 宗像 正徳)
脳・心臓疾患の予防のためには精神的ストレスを適切に評価し、早期介入を行うことが重要であるため、脳・心臓疾患発症を予測するバイオマーカーと抑うつ傾向が関連するかを勤労者と非勤労者とで比較、検討します。

研究計画 ※研究開始前に開催した医学研究評価部会で使用された資料です。

研究計画 生活習慣病
神戸労災病院 副院長 循環器内科部長 井上 信孝

中間報告

令和2年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、研究開発期間を令和3年度末まで1年延長することとしています。以下の①~④テーマについて、アンケートの実施、調査、分析などに取り組んでいます。

①地域社会における社会的ストレス及び社会関係資本と生活習慣病との関連に関する研究
高血圧、糖尿病、脂質異常症、冠動脈疾患、心房細動といった生活習慣病を有する男女を対象に、社会関係資本(近所つき合い等)の評価、精神的ストレス、社会的ストレスに関するアンケート調査を行い、抑うつと社会関係資本との関連について分析を検討しています。新たに、令和2年度より、全国に展開する労災病院(32病院)のネットワークを生かすべく、新たに労災病院の職員を対象にアンケート調査を実施(新型コロナウイルス感染症拡大の影響により遅延中)しております。

②孤独死の要因となる動脈硬化疾患の発症・再発に関する研究
現在、心血管系動脈硬化性疾患(虚血性心臓病、閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤)を有する患者を対象として、血液検査、生活習慣、ストレス調査を施行し世帯状況との関連を検討しました。

③教員の過労死を予防するモデルの構築に関する調査研究
教職員の健康診断に合わせ、時間外労働時間、非勤務日の労働状況、自己評価方式うつ性尺度に関する調査等を実施しています。

④抑うつ傾向と脳・心臓疾患発症リスクとの関係
宮城県亘理町の一般住民について、現在までにデータが得られた症例のうつ状態と労働時間との関連を調査しました。現在仕事をしているとの回答が得られた住民約750名を対象とし、尿中アルブミン排出量を含む健診データと抑うつ状態、技能の活用度および労働時間などとの関係について分析しています。

平成29年度までの研究はこちら