独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
メタボローム
ホーム » メタボローム

研究開発テーマ

「メタボロームの研究・開発・普及」

 研究代表者 関東労災病院 第二循環器内科部長 柴田 正行
 研究代表者 横浜労災病院 消化器内科副部長 関野 雄典

研究概要

「メタボローム」とは細胞内代謝によって作られた低分子化学物質の総体を指す呼称で、核酸(DNA)やたんぱく質のほか、糖・有機酸・アミノ酸など数千種に及びます。このメタボロームを解析することで、疾患発症を予測できる可能性があります。
本研究ではこの「メタボローム」の解析を通じて、勤労世代が多く罹患する疾患について診断方法を確立することを目的としています。

①過重労働・ストレス下における心疾患イベントを予測する因子(関東労災病院 第二循環器内科部長 柴田 正行)
労働者の過労死予防のため、メタボローム解析により、過労死の要因となっている「心臓疾患」発症に至る予測因子、関係因子となりうる定量的マーカーの推測、同定を行います。

②早期慢性膵炎の疾患概念の研究と新規診断法の開発(横浜労災病院 消化器内科副部長 関野 雄典)
勤労男性に発生率の高い早期慢性膵炎は、職場ストレスと大量飲酒の関連が原因と推測されていますが、未だ明らかでありません。このため、メタボローム解析を通じて、早期慢性膵炎の疾患概念を明らかして早期診断法の開発を行うとともに、早期慢性膵炎と職場ストレス等との関連を検討します。

研究計画 ※研究開始前に開催した医学研究評価部会で使用された資料です。

研究計画 業績評価委員会医学研究評価部会
過重労働・ストレス下における心血管イベントを予測する因子:メタボローム解析を主軸とした挑戦的研究
関東労災病院 第二循環器内科部長 柴田 正行
研究計画 業績評価委員会医学研究評価部会
早期慢性膵炎の疾患概念の研究と新規診断法の開発:メタボローム解析を主軸とした挑戦的研究
横浜労災病院 消化器内科副部長 関野 雄典

中間報告

①過重労働・ストレス下における心疾患イベントを予測する因子
【研究1】長時間労働下におけるメタボロームの特徴
男性職員で残業時間が80時間を超える者の採血、尿、唾液を採取し、メタボローム解析を行い、同一職員の残業時間が少ない時(45時間以内)と比較しました。

【研究2】ACS患者におけるメタボロームの特徴
ACS患者(60歳以下の男性、勤労者)と、健康診断センターを受診する年齢が一致した60歳までの男性勤労者の採血、尿、唾液のメタボローム解析を行い比較しました。

②早期慢性膵炎の疾患概念の研究と新規診断法の開発
アルコール性慢性膵炎患者、アルコール性早期慢性膵炎患者、健常者(飲酒群、非飲酒群)各20例を目標とし、症例収集を行っています。現在、一部の症例のメタボローム解析を行っています。