独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
早期復職
ホーム » 早期復職

研究開発テーマ

「復職支援に係る周術期における蛋白補充と運動習慣による早期復帰に向けた試み」

 研究代表者 和歌山労災病院 院長 南條 輝志男

研究概要

現在、がんはわが国における死因のトップであり、2~3人に1人は生涯の間にがんと診断されます。さらに、がんになった後も仕事を続ける勤労者は増えることが予想されています。
がん患者さんが復職するために最も重要なのが体力の維持・増進であり、そのために効果があるのが「運動療法」と「食事療法」であると考えられます。
本研究では、運動療法と食事療法、特に最適な蛋白質摂取を一定期間続けて、その前後から復職するまでの期間、血液検査や体力測定等を行い、患者さんの復職状況を調査します。
復職を目指すがん患者さんに対して最適な蛋白質摂取と運動療法を併用し、筋力や持久力を効率的に改善できれば、患者さんの復職をこれまで以上に早めることができ、さらにキャリアの維持に大きく寄与できると考えられます。

研究計画 ※医学研究評価部会で使用された資料です

研究計画 復職支援に係る周術期における蛋白補充と運動習慣による早期復帰に向けた試み
和歌山労災病院 院長 南條 輝志男