独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
一般メニュー
ホーム » 一般メニュー » 労災疾病等医学研究とは

労災疾病等医学研究とは

独立行政法人 労働者健康安全機構は、産業活動に伴い、依然として多くの労働災害が発生している疾病、又は産業構造・職場環境等の変化に伴い、勤労者の新たな健康問題として社会問題化している疾病について、平成25年度まで13分野の課題に対してモデル医療やモデル予防法の研究・開発、普及に取り組んできました。
平成26年度からは、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組むために、3領域に集約化して新たなテーマを設定し、研究を行っています。

平成26年度から取り組んでいる3領域9テーマの研究は以下のとおりです。

労災疾病等の原因と診断・治療

研究テーマ名 研究・開発、普及テーマ
1 腰痛 社会福祉施設の介護職職員における腰痛の実態調査、画像診断と予防対策
  1. 介護職職員における腰痛の頻度、特徴に関する調査研究
  2. 介護職職員の腰椎レントゲン、MRIを用いた画像検査と健常者データとの比較・研究
  3. 介護職職員における腰痛の予防対策の確立
2 運動器外傷機能再建 運動器外傷診療の集約化による治療成績向上と早期社会復帰を目指した探索的研究

労働者の健康支援

研究テーマ名 研究・開発、普及テーマ
3 生活習慣病
  1. 日本人の勤労者ならびに一般住民における新たな心血管リスクの解明と予防に関する亘理町コホート研究
  2. 中国都市で働く日本人勤労者のストレスと健康障害に関する調査研究
  3. 職場高血圧に関する調査研究
  4. 精神的ストレスの心血管病発症機転に関する調査研究
  5. 動脈硬化危険因子の3次元的解析に関する研究
4 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療に関する研究
5 作業関連疾患 手根管症候群患者と作業内容(種類や期間など)との関連に関する研究
6 就労支援と性差
  1. 内分泌環境からみた女性労働者の健康管理研究(交代勤務が及ぼす影響に関する研究)
  2. 夜間労働が女性の健康に及ぼす影響の研究
  3. 副腎皮質ホルモンを指標とした女性の健康管理
  4. 勤務条件・職種が女性の健康に及ぼす影響についての研究

労災保険給付に係る決定等の迅速・適正化

研究テーマ名 研究・開発、普及テーマ
7 外傷性高次脳機能障害 従来の画像検査では検出できない高次能機能障害の病態解明とその労災認定基準に関する研究
8 じん肺
  1. 本邦におけるじん肺における膠原病、腎症特にANCA関連腎疾患の合併頻度に関する調査研究
  2. じん肺ハンドブックの作成に関する研究・開発
  3. じん肺続発性気管支炎の診断、治療法に関する研究
9 アスベスト
  1. 石綿肺癌診断における石綿繊維と種類に関する研究
  2. 石綿肺の適正な診断に関する研究
  3. 石綿健康管理手帳データベースにおける肺癌、中皮腫等の発生頻度に関する研究
  4. 中皮腫の的確な診断方法に関する研究―鑑別診断方法と症例収集―

平成25年度まで取り組んできた13分野は以下のとおりです。

  1. 四肢切断、骨折等の職業性外傷
    製造現場や建設現場等で多発する四肢の損傷のうち、手指切断、開放性骨折等緊急手術が必要なケースについて、神経接合を図るマイクロサージャリー(手術顕微鏡装置)等専門的な機器等による高度な医療が必要な分野。
  2. せき髄損傷
    職場での転倒・転落、交通事故等による頸椎・せき髄損傷は、脊椎・泌尿器科・リハビリテーション専門医、看護師、理学療法士等の専門スタッフの横断的、総合的な医療が必要な分野。
  3. 騒音、電磁波等による感覚器障害
    騒音作業による難聴、VDT作業による疾患、溶接、炉前作業等の紫外線・赤外線や通信業務等のレーザー光線等による眼疾患などが多数発生しており、エキシマレーザー等専門的な機器等による専門的な治療と、的確な検査・治療方法の研究開発が必要な分野。
  4. 高・低温、気圧、放射線等の物理的因子による疾患
    高温環境下での熱中症、物流現場における凍傷、高圧作業による潜水(潜函)病、放射線物質取扱現場での放射線障害等は、専門的な機器・設備による複数の診療科にわたる総合的な診断・治療等が必要な分野。
  5. 身体への過度の負担による筋・骨格系疾患
    職業性腰痛症や頸肩腕症候群等は、物流、介護、オフィス等多数な現場で依然多数発生しているが、その要因は多岐にわたり、また悪化・再発を繰り返すことが珍しくないことから、適正な療養管理と労災保険給付の観点からも、的確な診断方法の開発、職場の作業態様に応じた専門的な治療と予防策の確立、普及が必要な分野。
  6. 振動障害
    林業はもとより、建設業、製造業等でも依然多数発生しているが、加齢等の影響等未解明な点も多く、また療養が長期化する実態にあることから、適正な療養管理と労災保険給付の観点からも、一層有効かつ的確な診断・治療方法の研究開発が必要な分野。
  7. 化学物質の曝露による産業中毒
    化学物質による中毒症、がん等は、55,000種類以上の既存の多数な化学物質に加え、新規化学物質が次々と生成されることから、様々な職場、職域で発生する可能性があり、近年ではシックビル(シックハウス)といった事務系職場での問題の発生もみられるなど、これらの生体への影響分析と専門的な治療が必要な分野。
  8. 粉じん等による呼吸器疾患
    粉じんを発散する職場・業務は、セラミックス製造、金属切断・研磨等多数あり、じん肺及び肺がん等合併症は依然として多発しているが、じん肺は初期診断が難しい疾病であり、症例の集積を活用し、専門的な診断・治療と一層有効な診断・治療方法の研究開発とともに、全国の専門医の育成に貢献することが必要な分野。
  9. 業務の過重負荷による脳・心臓疾患(過労死)
    高血圧・糖尿病等の生活習慣病を抱える勤労者が業務の過重負荷により、脳・心臓疾患を発症し、いわゆる過労死に至るケースが増えており、社会問題化。血管内の手術等専門的な機器等による専門的な治療と、症例の集積に基づいて業務と脳・心臓疾患との因果関係等を分析し、予防策の確立、普及が必要な分野。
  10. 勤労者のメンタルヘルス
    労働環境の変化に伴い、強い不安やストレスなど、業務による心理的負荷で精神障害を発症する勤労者の増加、3万人を超える自殺者など、勤労者のメンタルヘルス対策(心の健康問題)は喫緊の課題。
    的確なカウンセリングなど職場状況を踏まえた専門的な治療と、精神障害の予防、診断、職場復帰、再発防止策に関する研究開発が必要な分野。
  11. 働く女性のためのメディカル・ケア
    女性の職場進出の拡大に伴い、職域の拡大、夜勤・交替制等勤務形態の多様化などが女性勤労者の健康に及ぼす影響を研究・解明し、女性が安心して働くことができるよう複数の診療科による医療面のサポートが必要な分野。
  12. 職場復帰のためのリハビリテーション及び勤労者の罹患率の高い疾患の治療と職業の両立支援
    円滑な職場復帰を図るため、それぞれの患者の障害の状況、職場での作業内容等に対応した職場復帰プログラムに基づくリハビリテーション医療が必要な分野及び療養中の就労の継続、療養後の円滑な復職を図るため、疾患に応じた治療と職業の両立支援の確立、普及が必要な分野。
  13. アスベスト関連疾患
    アスベスト曝露によって発生する中皮腫等の早期診断法、標準的治療法及び予防策の確立、普及並びに胸膜プラーク等の医学的な所見の一般医への普及が必要な分野。

医学研究評価部会 / 倫理審査委員会

ホームページに対するご意見・ご感想は、お問い合わせよりお願い致します。