独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ホーム >> 石綿関連疾患診断技術研修

石綿関連疾患診断技術研修

読影実習

石綿関連疾患(中皮腫・肺がん・石綿肺・びまん性胸膜肥厚及び良性石綿胸水の5疾患)に係る労災申請件数は、平成17年度以降、年間1,000件を越えていますが、5つの石綿関連疾患の診断及び石綿ばく露所見(胸膜プラーク、石綿小体等)の判定については、エックス線写真の読影等が必要であり、その判断が困難な事案も多くあります。これらの診断等には、医学的な知識・経験に加え、石綿ばく露等についての知識も必要です。
当機構では、厚生労働省からの委託を受け、呼吸器疾患を取り扱う医師や産業医等の多くの医療関係者を対象に、最新の医学的知見や診断技術を踏まえた石綿関連疾患に関する診断方法、石綿ばく露所見に関する読影や検査方法、労災補償制度等について研修を行っています。
当研修を通して、石綿関連疾患の診断技術や労災認定に不可欠な医学的所見に関する診断・計測技術の向上が図られ、被災労働者に対する迅速で適正な救済に繋がることを期待するものです。
皆様、ぜひ、御参加ください。

石綿関連疾患診断技術研修について

研修会資料 石綿関連疾患診断技術研修は、石綿関連疾患の基礎知識や労災補償制度について学ぶ基礎研修、読影技術等を実践的に習得する専門研修(読影研修、中皮腫パネル、石綿小体計測講習会)に分けて、開催します。具体的な研修内容等はこちらをご覧ください。

平成29年度石綿関連疾患診断技術研修開催予定

平成29年度は9月~2月にかけて、各地で石綿関連疾患診断技術研修を開催します。 開催日程表を御確認ください。
・平成29年度石綿関連疾患診断技術研修開催予定

なお、受講申込みは各産業保健総合支援センターにて行います。申込み方法等は、各産業保健総合支援センターへお問合わせください。
・全国の産業保健総合支援センター