独立行政法人労働者健康安全機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
医療従事者の安全
ホーム » 医療従事者の安全

研究開発テーマ

「医療従事者における抗がん剤職業曝露ゼロを目指した抗がん剤取扱い手順の開発」

 研究代表者 横浜労災病院 薬剤部長 夏目 義明

研究概要

抗がん剤は、がん細胞に対して効果を発現する一方で、正常細胞にもその作用機序から少なからず影響をもたらすものが多く、米国国立労働衛生研究所(NIOSH)は医療従事者に対して抗がん剤への曝露による健康被害のリスクについて警鐘を鳴らしています。我が国でもガイドラインが策定されていますが、各医療機関のマニュアルの妥当性が十分評価されているとは言えません。このため、本研究では、抗がん剤を取り扱う医療従事者に対して、曝露による健康被害に関するリスク削減を目的として、抗がん剤調製時の手順を検討することにより、職業性曝露ゼロを目指し、病院の業務環境の改善につなげていくこととしています。

研究計画 ※医学研究評価部会で使用された資料です

研究計画 医療従事者における抗がん剤職業曝露ゼロを目指した抗がん剤取扱い手順の開発
横浜労災病院 薬剤部長 夏目 義明